Off

個人タクシーの運転手になるための3ステップ!

by admin on 2015年4月24日

普通自動車第二種免許の取得!

タクシーの運転手になるためには普通の自動車免許でなることはできません。普通の自動車免許では客を乗せた時にお金をもらうことができないのです。普通自動車の免許でタクシー運転手をやることを「白タク」といって見つかれば捕まりますのでやらないようにしましょう!普通自動車第二種免許を取得するためには教習所に通うか、免許センターに直接取りに来ましょう。免許センターで直接試験を受けて取得する場合は、合格できれば免許をすぐ手に入りますが、ハードルはものすごく高いので覚悟しておいてください。

タクシー会社で経験を積みつつ顧客の獲得!

普通自動車第二種免許を取得してすぐに個人タクシーになることができるというとそういうわけではありません。タクシー運転手として経験を積まなくてはいけません。タクシーといっても乗せてる間は命を預かってるのと同じなので、免許取得後すぐに個人タクシーになることはできないんですね。そして会社に務めてタクシー運転手の経験を勤めてる間にすることは、自分のタクシーを利用してくれる客を探すことです。個人タクシーになってもまったく利用されないのでは収入が上がらないので、自分のタクシーを使ってくれる客をきちんとゲットしましょう!

10年間無事故無違反!?

個人タクシーは一般的にはなんとなく運転がうまくて、安心して利用できるイメージがありますが、それには理由があります。彼らは10年間無事故無違反なのです。個人タクシーになるためには10年間のタクシー運転手としての経験が必要で、さらに無事故無違反でなければなりません。つまりタクシー運転手の中でもエリートなのです!だから安心して乗ることができるんですね。個人タクシーになるだけでも普通自動車第二種免許を取得してから最低でも10年間必要で、なりたい人はとにかく無事故無違反の経歴が必要になります。

役員運転手の派遣のサービスでは研修を受けた優秀な人材を派遣して貰うことが可能になっています。運転の技術が高いだけでなく応対のスキルも高いので素晴らしいです。契約出来る期間も自由に決められるので目的に合わせて利用してみると良いでしょう。自社で直接雇用をする場合と比較をするとコストも抑えることが出来ます。

Comments are closed.