Off

インターンとはどんな制度か?メリットを理解する

by admin on 2015年4月24日

インターンとはどんな制度か

インターンはインターンシップの略ですが、学生が自分のキャリアアップをするために就労体験をすることをいいます。学生に数日から数か月間実際の職場で実際の仕事をしてもらうのです。ほとんどの場合一定の報酬を受け取ることができるため、お金がもらえて就労体験も積むことができる便利な制度です。企業側も、学生の傾向を把握することができ、社会貢献にもなるということで多くの企業がインターンシップの機会を提供しています。

インターンシップのメリット

学生のとってのメリットは、アルバイトとは全く質の違う就労体験ができるという点です。アルバイトも仕事に対する責任はありますが、インターンでは営業の指導を受けて活動を任されたりしますので体験できるレベルが違います。また、学生生活では年代の違う人とコミュニケーションをとる機会が限られていますので、インターンによって様々な世代の人と人間関係を築く体験ができることも大きな魅力です。さらに、アルバイトと同程度かそれ以上の報酬がもらえる点もメリットでしょう。

インターンで学ぶべき事

インターンに行って学ぶべき事は、仕事は一人でできるものではない、どんな仕事も工夫する余地があり大変なことだと理解することでしょう。仕事に対する甘い考えやひねくれた捉え方をしていたとしたら実際に自分が仕事をすることによってそれらを払拭することが大事です。また、仕事は同僚とコミュニケーションを取りながら進めることが大切ですので、指導を素直に受けながらも自分の考えを上手に伝えるなどを積み重ね、人間関係の築き方を学ぶといいでしょう。

学生の時に体験出来る事で注目されているインターンシップで現在は、ベンチャーでのインターンを募集している所が増えてきています。会社も良い人材を見つけるのに良いとされている為に学生と会社にメリットがあり様々な会社でも取り入れられています。

Comments are closed.