Off

会話の最中に相手のプライバシーを傷つけないようにするには?

by admin on 2015年6月18日

年齢を聞くにはご法度!!

最近では少なくなりましたが、一昔前はお互いの年齢を聞くのはご法度とされていました。これを聞かれて気分を害する人や嫌がらせに走る人もいたからこのような事態になってしまったと考えると分かりやすいでしょう。例えば自分が考えている以上に相手の年齢が下であった場合、言い訳が出来なくなりその場の雰囲気が悪くなってしまうことも考えられますよね。そうならないためにも年齢は推測するぐらいでおいておくと良いでしょう。

住所を聞くと不信がられる可能性があります

最近では住所や電話番号を聞くのもプライバシーの侵害として扱われることが多くなりました。その背景としてやはりストーカー被害などが急増したことが挙げられるのではないでしょうか。そしてそのストーカー行為を未然に防ごうとして自分の身に起きそうな危険なことは言わないという風潮が出てきました。もし住所を聞きたいときは詳細は聞かずに大体の場所を聞くようにすると普通の雑談のように感じられて良いのではないでしょうか。

給与を聞くのはやめましょう

最近一番聞かれると嫌なことに給与や所得があります。人より多いもしくは少ないということで優劣をつけようとする傾向がみられます。例外の場所もありますが、大半はやはり嫌がりますので、極力給与に関することを聞くときには慎重になるようにしましょう。聞き方を間違えれば確実にあなたの信頼を失いますので、相手を不快にさせない聞き方を常日頃から心がけてより良い人間関係を保つように試してみてください。あなたの努力は必ず伝わります。

企業には徹底した情報管理が求められます。もし、安全な機密文書の廃棄が必要ならば、専門業者に依頼するのが賢明です。

Comments are closed.