Off

海外と日本の作品の橋渡し!翻訳のお仕事とは

by admin on 2015年6月18日

海外の言語を日本語に、日本語を海外の言語に訳す

翻訳とは、日本語を外国語に訳したり、外国語を日本語に訳したりする仕事を言います。海外の文学作品が翻訳されて書店に並んでいるのを見たことがありますよね。日本からは、マンガが翻訳されて海外でたくさんの読者に愛用されているんですよ。翻訳の仕事に就くには、やはりその外国語に精通している力が必要で、必ずしも帰国子女や外国語のネイティブであるという条件はありません。個人の努力で日本に生まれて日本に育った人も翻訳家として活躍していますよ。

マンガの翻訳はコツがいる

日本のサブカルチャーの代名詞と言われるマンガは、海外に多くのファンがいます。現在連載されているマンガや単行本は、翻訳家の手によって外国語に訳され、海外の書店に並んでいるんですよ。現地の人は、現地語を使って日本の漫画を読んでいます。マンガを翻訳するときには、場面やキャラクターに合った単語を使って訳したり、文脈やセリフの意図をくみ取った文章に訳す必要があります。そのため、マンガの翻訳家たちはマンガが好きでその作品の良さをきちんと伝えられるスキルが必要です。

本の翻訳はその人の文章力が試される

海外の有名作品が日本で翻訳されて並ぶときには、タイトルや作家の名前だけでなく、翻訳する人の名前も注目されますよね。日本で知られていない作家の作品でも、例えば村上春樹などの日本で大人気の作家が翻訳したら、それだけで注目されて売り上げが伸びることもあるんですよ。翻訳する人の文章力が高いほど、その人の持っている日本語の引き出しから適切な訳を割り当てて、日本語として読みやすく、引き込まれる文体に作り上げることができるでしょう。

様々な国を対象にビジネスを展開している企業はとても多くありますので、多言語翻訳をする事が出来る能力のある方は必要とされています。

Comments are closed.